声優になるには?

映画の吹き替えは声優の技術の高さが求められる

日本に入ってきた洋画のほとんどで吹き替えが作られます。

 

最近では芸人やアイドルが吹き替えをすることもありますが、やはり本職といえば声優。
感情的に吹き替えを入れることで、映画にダイナミックスをつける大切な仕事。

 

映画の吹き替えは1日で録音する

基本的にゴールデンアワーなどの2時間の映画は1日で吹き替えを終わります。
録音は1日で終わりますが、その前にビデオを貰って家に持ち帰り、そこで台本と合わせたりする練習するくらいの時間しかありません。

 

そのため映画の吹き替えの本番は1日しか用意されていません。

 

映画の吹き替えのリハーサル

吹き替えのときの基本的な流れ
リハーサル

リハーサルではタイミングをチェックしながら役者の演技の動向をずっと見ていきます。

 

ラストテスト

リハーサルでタイミングをチェックしたら、自分のニュアンスをそこにかぶせていきます。

 

本番

いよいよ本番。
ここで対応できる能力がなければ声優の仕事はまわってきません。

 

声優にとっては本番の連続

実力が求められる声優にとっては、仕事というのは本番の連続。
その高い技術を維持、成長させるためには日頃からのたゆまぬ訓練が必要になってくるわけです。

映画の吹き替えも声優の仕事|声優の仕事ってどういうの?関連ページ

ラジオドラマやCDドラマはどのように作られる?
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド