声優になるには?

華やかに見える声優の世界

プロとして活躍している声優を見ると、みんないきいきと楽しそうに仕事をしているように見えます。

 

雑誌のグラビアページを飾ったり、CDを発売して全国をコンサートでまわったり、ファンとのイベントで大勢に囲まれたりなど一見とても華やかな世界に見えます。

 

ですがその華やかな世界とは裏腹に、プロ声優は地道な努力を怠らず、自分を磨き続けていることは案外知られていません。
「プロほど練習する」といわれる世界です。

 

実際はどんなベテラン声優であろうとも、声優の世界で第一線を保ち続けている人達は、私生活においても誰よりも努力をしているのです。

 

肉体のトレーニングやボイトレのようなものから本を読んだり、映画を見る、人間観察を行うなど感受性を育てるもの。
また常に感動することを忘れないという気の配りようなど、必ず実力に向けて地道な努力を行っています。
プロ声優がプロなのは、すべてがその結果なのです。

 

声優は一生の仕事といわれますが、その反面「一生努力して勉強し続ける姿勢を持つ」という側面があります。

 

逆に声優は寿命が短いと聞いたことがある人もいるかもしれません。
それは声優寿命が短いのではなく、その人が声優としての努力を怠ったともいえます。

 

声優として活躍していくためには「見えない努力」をずっと積み重ねて生き続けること。
これが一生現役のプロ声優として活躍してくための必要な条件です。

 

感性は豊かにする

声優の仕事の基礎となるのは間違いなく「感性」です。
感性はセンスともいえます。

 

ですが感性は非常に曖昧なもの。
「感性を豊かにしなさい」といわれても、どうやればいいかピンとこない人も多いかもしれません。

 

感性とはすなわち「感受性」のことです。
美しいものを見たら「美しい」悲しいものを見たら「悲しい」などと感じることができる心。
人の気持ちなどを敏感に察知できる心を持てるかどうか。
世の中に溢れている自然や者、そして多くの人々が発している聞こえない声を聞くことができるかということです。

 

声優は声ひとつで様々な心の動きを表現しなければいけません。

 

どんなにテクニックが優れていても、そこに心がなければ聞いている人にリアリティを伝えきれないのです。

 

ある意味では声優の仕事というのは多大なイマジネーションが必要な仕事です。
アニメでも映画でも、自分の担当がどんなキャラクターなのか想像を膨らませて、そのキャラクターになりきって喜怒哀楽を表現しなければいけません。

 

そのような場面で求められるのは「感受性がいかに豊かか」ということです。
心のアンテナを常に解放している人ほど、自分自身も微妙なニュアンスを上手に使い分けることができます。

 

声優としてのテクニックは、たしかに優れているほうがベターです。
ですがそこに心が困っていなければ、声優としては二流でしょう。

 

一流の声優になるためには、日頃の感性を培っていくことが大切になります。

声優になるために知っておきたい心構え|声優になるには?関連ページ

高校に行きながら声優を目指したい
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド
大学に行きながら声優を目指したい
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド
働きながら声優を目指したい
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド
あがり症でも声優になれる?
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド
声優になるために必要な才能は?
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド
情熱と意欲を持ち続けよう
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド
仕事を選べる声優になるには?
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド