声優の専門学校の選び方

専門学校で学ぶこと

専門学校の場合は、在校中に基礎から実技までみっちりと一通り学べることが大きなメリット。

 

基礎に関しては、腹式呼吸、腹式での発声法の会得、発音、正しいアクセントの習得などに重きをおいて、カリキュラムが進んでいきます。

 

さらにその先の段階に進むと、詩の朗読や戯曲を学んだりして表現力を身につけるレッスン。
ダンス、歌唱、マイクの使い方の勉強、アニメのアテレコの実技、題材を使っての演技指導など、より実践的なカリキュラムが組み込まれています。

 

このようなカリキュラムが組まれているため初心者でも学びやすいといわれるのが専門学校の特色です。

 

実技の合間には、現役ベテラン声優の講義やゼミなど、声優の現場を生で知ることができるのもメリットです。

 

養成所とはこんなカリキュラムが違う

養成所は基礎をマスターしなければ次の段階に進むことはできません。

 

専門学校では、入学してしまえば基礎から実習も含めた実技をマスターするために学んでいけるというのも専門学校を選ぶポイントです。

 

声優の養成所については声優養成所の選び方を参照してみてください。

 

専門学校の設備は整っている

専門学校はそれなりに大きな学校となります。
そのため実技を習得するためにさまざまな設備が整っているというのもメリット。

 

機材としては校内にアフレコ用のスタジオが併設されているなど、実用的な設備が整っています。
そのためプロ声優と近い設備で実技を行えるのは大きな経験になるでしょう。

 

カリキュラム終了後

声優専門学校はどこかのプロダクションに付属している養成機関ではありません。
そのため卒業後には若干不安があります。

 

もちろん卒業生のために業界に入るためのバックアップシステムを整えているところもあり、卒業生のほぼ9割がプロダクションや劇団に所属している学校もあります。

 

卒業後の進路は?

声優の仕事ってどういうの?

 

養成所に入り直す卒業生もいる

専門学校を卒業し、さらに声優として磨きをかけるためにプロダクション付属の養成所に入り直す卒業生もいます。
養成所の中には、入る条件として「1〜2年間演技の勉強をしている」という養成機関もあり、そういった場合、専門学校を卒業したというのは強みになります。

声優の専門学校で勉強すること|声優の専門学校の選び方関連ページ

どんな声優の専門学校があるの?
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド
声優の専門学校を選ぶ5つのポイント
プロの声優になりたい!そんな未来に一歩でも近づくための声優になるためのガイド